忍者ブログ
要はNermyの日記。 適当に更新してまいります。
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに8月も終ります。今年もあと三分の一ですねえ。

今年一年かけて大開発している「REVIVAL-LEGEND」もこの1,2ヶ月が正念場。
年末には何とかなるかな…?


さて、今回で「REVIVAL-LEGEND」のキャラ紹介も三回目。
ひとまずのところ、今回でキャラ紹介は終了です。
残りのキャラは完成版を発表してからのお楽しみにしましょう。

今回の二人は中盤に仲間になるキャラ。
二人とも魔法使い系で、パーティに入れればなかなかに強力。
まあ、HPが低くてすぐ死んじゃうんですが、魔法使いとはそういったものですよね~。

rl_2008_0831_1.png










6.バイオレット(48歳・男)
 王国の魔術研究所の主任で、モンスター能力の研究をしている。性格は気難しく、かなりのカタブツである。
 回復魔法の行使に優れている。また、特殊コマンド「じっけん」でモンスター専用の技をランダムで発動させる事も出来る。魔法に無い効果を得られるので、思わぬ活躍をする事も。


rl_2008_0831_2.png










7.エコー(15歳・女)
 魔術師達が住む町でも指折りの能力を持つ女の子。が、反面気性は荒く、ケンカっ早い一面も?こちらは攻撃魔法の使い手として最高の能力を持つ。
 また特殊コマンドの「チャージ」で更に攻撃力を上昇させる事も可能で、この場合は武器攻撃もかなりの威力を持つようになる。が、HPは非常に低いので無理は禁物だ。
 

PR
前回に引き続き、今日もキャラクター紹介。

今回紹介するのはゲーム中かなり登場機会の多い二人です。
制作陣的は少々見飽きた感もあるという…(笑)。

とにかくゲーム序盤から活躍してくれる頼もしいキャラクターです。
それではどうぞ~。



rl_2008_0825_1.png










4.サナイ (17歳・女)
 ある町の自警団のメンバー。スゴ腕の剣士として知られる。明朗闊達で、本作の登場人物の中ではかなり性格が明るい方。
 二つの武器で同時攻撃する事ができるため、攻撃能力はかなり高い。そのぶん、武器を揃える代金も馬鹿にならないが…。



rl_2008_0825_2.png










5.グランベリ(22歳・男)
 世界中をさすらう名うての冒険者。とはいっても単に洞窟荒らしで生計を立てているだけで、性格は非常にテキトーで軽い。だが、経験は豊富なので、旅の中で重要な助言をくれたりする。
 いざ戦闘になると攻撃力は低いし「なんじゃこりゃ」といった印象を受けるが、本当の実力を発揮するためにはクセの強いコマンドと彼の特徴を踏まえた装備を固めることが必要。
 

先日、キャラクターの顔グラフィックが完成しました。

当初はCGで描く予定だったのですが、試作した画がどうもしっくりと来なかったもので…
思い切って全てドットでやってしまいました。
CGに比べて粗いといえば粗いんですが、その分ゲームには馴染んでるかなと。



そんなわけで、今日は遂に「REVIVAL-LEGEND」に登場するキャラクター達の紹介です。
一回に2~3人ずつ紹介していきたいと思います。
まず初回は物語のスタートメンバー、メイン中のメインキャラ達から~。

rl_2008_0820_1.png










1.ファーラ(19歳・女)
  人里はなれた山奥の村で弟と二人で慎ましく暮らしていた。しかしある夜、天からの啓示を受け伝説の「流星の力」を授かる。
 世界は平和で、危機などまるで感じられない時勢ではあったが、啓示に従い彼女の旅は始まった…。



rl_2008_0820_2.png










2.タクト(20歳・男)
  ファーラの幼なじみ。ファーラと共に人生を歩み、今回の啓示が無ければ彼女と結婚するはずだった。
  山奥の村一番の戦士で、重厚な鎧に身を包みファーラを守る。


rl_2008_0820_3.png










3.ノオ(13歳・男)
  ファーラの弟。両親を早くに亡くし、姉と二人で力を合わせて生きてきた。タクトとも付き合いは長く、実の兄のように慕っている。
  この物語は彼の視点から語られることになる。

rl_2008_0814.png








ちなみに今日の画像は雪国のマップ…。



全然開発と関係ない話ですが、今日タクティクスオウガのSFC版をクリアしました。
カオスルートですが。

発売当時からTOが面白いという話は聞いていたのですが、なんだかんだで今年まで未プレイでした。

が…、
それがふとニコニコ動画で本作を見て「なんじゃこりゃあっ!」と思いたまらなくプレイしたくなりました。

そして秋葉原へ。
思い立ったら即行動です。
レゲー専門店を回ったら1200円で中古の箱入りパッケージが手に入りました。



で、プレイした感想ですが、やはり音楽が素晴らしいゲームですね。
物語の分岐点で流れるFight it outのテーマ(サウンドテストでは「飲酒運転」なんて曲名だったが・・・)が戦闘をとても高揚感あふれるものにしてくれます。ノリノリです。

あと、SFCとは思えないくらい、キャラの演技の細かい作品でした。
アークザラッド2並に動いてるぞ、こりゃ。

しかし本作をプレイすると、いまだにタクティクス系のゲームを作る人がいるのも納得できる気がします。
こりゃ作ってみたくなりますよ。
とにかく、立体感のあるマップというのは歩いていて楽しい。

これを発売当時にプレイしていたら筆者のゲーム観も少しは変わっていたのかも?
とても魅力的で、影響力のあるゲームだと思います。



そんなわけで筆者のようなSLG好きには大満足の作品でした。
さて、もうちょっと開発に生活時間のウェイトを割かないとな…。
rl_2008_0808.png









ようやく序盤の調整が終了しました。
また、いやに時間がかかってしまったなあ。

ゲームの序盤は一応完成したことになります。
これをもってREVIVAL-REGENDの体験版を発表できるといえばできるのですが…

ちょっとまだ不安ですねぇ。
先の部分をきちんと作ってから体験版を出したいというのが本音です。
ドラマチックの時は75%程度完成してからベクターで体験版を公開しました。



しかし、世の中の体験版というものはこの位の完成度でも出さなきゃいけない場合もあるんでしょうね。
確かにいつまで経ってもプレイヤーが作品に触れられないのは問題です。うーむ・・・。

とにかく、そろそろ体験版の公開を視野に入れた開発をしないといかんです。
8月は超頑張ろう。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[04/12 nermy]
[04/12 kai]
[02/22 nermy]
[02/21 kai]
[11/19 nermy]
最新TB
プロフィール
HN:
Nermy
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事